医学部受験には予備校を利用する

4月 17th, 2014

医師を志す人はとても多くいますが、医学部定員はここ最近ほとんど変わらず狭き門となっています。
定員数が少ないだけではなく、その試験の難易度は他の学部と比べても非常に高く難しいものです。
このため、現役での受験者だけではなく二回三回と挑戦している人が多いのです。
そのなかでなるべく少ない回数で、できれば現役で合格したいと皆が考えています。
しかし、現実的には一度で合格できる人と何回挑戦しても合格が難しい人とがいるのです。
これはなぜかというと、まず一言で医学部受験といっても様々な大学があるということが言えます。
大学によってセンター試験を採用しているところもあれば、していないところもあります。
共通の試験を採用していても、選択すべき科目の種類や数が違う場合もあります。
受験生はなるべく自分の得意な科目が採用されている大学を調べ、絞り込まなくてはなりません。
それらの情報を学生1人で調べるのは、なかなか難しいものがあります。
しかし医学部受験専門予備校ではそのような情報を、常に最新のものを収集しています。
<参考>
医学部受験合格ナビ
医学部受験専門予備校を探すのに便利なサイトです。
ベストティーチャー
受験に向けて家庭教師と個人契約できるサイトです。
また、それぞれの医学部受験には二次試験があります。
この二次試験も学科試験だけではなく、面接や小論文やグループ討論など様々です。
これらにも今までの試験内容に傾向というものがあり、それらの情報を蓄積しているのも予備校です。
予備校ではそれらの情報を元に、受験生に対策を教えてくれたり面接やグループ討論の練習をしてくれるのです。

学習の基本となる自習のおすすめの場所

4月 17th, 2014

学習をするうえでは自分で勉強するという姿勢が大切です。
いろいろなことを教わったあとは、自習することでその内容が定着します。
そしてそのためには集中力と忍耐力が必要です。
しかし場所によっては集中できず、なかなか勉強がはかどらないこともあります。
そこでおすすめの場所の一つに図書館、または図書館の自習室があります。
ここはもともと勉強するためにあるところですので最適の場所だといえます。
第一、静かなので勉強に集中できます。
そして周りの人が皆、勉強しているので刺激にもなります。
もし、もう学習を辞めたいと思っても周りの人が勉強している姿を見たら「自分も頑張らなければ」と思うものです。
その一方で、自宅のリビングで学習することもおすすめです。
学生の中にはあまり静かなところより、少し音が感じられる方が集中できるという人もいます。
そういった人にとっては自宅のリビングが最適です。
ここなら程よい雑音が感じられて集中できるはずです。
でも、もし集中力が続かなくなったら場所を変えることもおすすめです。
リビングのテーブルからキッチンの食卓に移るなどして勉強すると、また新たに集中力が増して学習がはかどります。
もちろん自分の勉強部屋がある人はそこもおすすめです。
このように学習の基本となる自習を持続させるためにはいろいろなところで勉強する方法があります。
それぞれ試してみて自分に合った自習の場所を見つけることをおすすめします。

自習できる施設は学習に重要

4月 17th, 2014

学生にとって自習する場所の確保は重要な問題です。
自宅での学習で十分だという考え方もあるようですが、自宅だからこそ誘惑は多く、集中できないという学生は多いようです。
自室を持たない学生にとっては、テレビのあるリビングスペースで勉強しなければならないこともあり、集中するのは困難な場合があります。
かといって、かつては自習の場の代表格だった図書館では、自習を禁止しているところが多くみられます。
また、スペースがあっても場所取りは熾烈を極めています。
その結果、喫茶店やファストフード店などで学習している学生の姿を多く見かけるようになりましたが、やはり本来の目的から外れた利用はマナー違反ですし、飲食店側にとっても迷惑になってしまいます。
そこで、自由に学習できる施設が人気を呼んでいるようです。
学習塾や予備校では、豊富な自習スペースを売りにしているところが多いようです。
個人的なスペース確保のために間仕切りを使用するなど、完璧な環境を整えたスペースは魅力的です。
必要があれば講師に質問できるような環境なので、効果が期待できるでしょう。
特に、学校での自習が出来なくなる夏休みなどの間には、そのような場所を有効活用することが望ましいでしょう。
誰にも強制されることなく自主的に学習する時間を増やしたい、もっと勉強したいという本人の意思は貴重です。
その意志をつぶしてしまわないように、周囲は配慮してあげる必要がありそうです。